信長の菩提寺そして岐阜城の移築血天井がある岐阜市崇福寺(そうふくじ)

岐阜城の移築血天井がある信長の菩提寺岐阜市崇福寺のアクセスと観光ポイント

 

 

岐阜県岐阜市の崇福寺(そうふくじ)は織田信長の菩提寺で、岐阜城の血天井が移築してある臨済宗妙心寺派の寺院です。

 

 

※崇福寺の読みは そうふくじ

 

 

>>崇福寺の詳細 | ウィキペディア

 

 

崇福寺は私も何度も行ったことがありますし、愛知ウオーキング城巡り倶楽部の見学会でも訪れた寺です。

 

 

なぜかというと、岐阜城とセットにしやすいから。

 

 

この記事では、崇福寺のアクセス方法から見どころポイントをまとめてみました。

 

 

崇福寺の場所の住所

岐阜市長良福光2403-1

 

 

>>崇福寺の場所の地図

 

 

 

 

 

もくじ

 

 

 

 

アクセス

崇福寺のアクセス方法を説明します。まずは電車編。

 

 

電車で行く場合の一例として、JR岐阜駅からバスで移動するという方法があります。

 

 

降りるバス停は長良川国際会議場北口

 

 

バス停から徒歩1分です。

 

 

また車での行き方ですが、岐阜市の崇福寺(そうふくじ)をカーナビの検索で入力すると出てくると思います。

 

 

ロードマップで行く場合は、崇福寺の住所を拾うとアクセスできると思います。

 

 

崇福寺の場所の住所

岐阜市長良福光2403-1

 

 

 

 

 


崇福寺には参拝者用の無料駐車場があります。

 

 

 

 

 

参拝時間と入館料


崇福寺の参拝時間と入館料です。

 

 

まず年中無休ではないので、休みの日をチェックしておきましょう。

 

 

あと入館料も必要です。この入館料で本堂と信長の廟所も入ることができます。

 

 

 

 

 

見どころ


崇福寺の見どころを紹介します。まずは西美濃三人衆のひとり・稲葉一鉄が寄進した梵鐘。

 

 

ここで話終わっておけば良いのですが、実は元和元年(1615)に改鋳され、その後、太平洋戦争でも提出されました。

 

 

つまり現在の梵鐘は再々製なのです。ここまで来ると稲葉一鉄関係無いように思えますが、稲葉一鉄が梵鐘を寄贈したという歴史は残るということでしょうか。

 

 

 

 

 

 

土塀と中門

 

 


室町時代前期から後期にかけての公卿・一条兼良寄贈の中門と土塀が残っています。

 

 

※特に中門は当時のまま

 

 

崇福寺を創建した斎藤氏と一条氏は繋がりがあり、兼良の娘をが斎藤氏に嫁いでいます。(※これが利貞尼:りていに)。

 

 

 

 

 

 

信長の廟所

 

 


本能寺の変後、信長の側室・お鍋の方が信長の遺品を崇福寺に持ち込み、信長と信忠の廟所が作られました。

 

 

遺骨を埋葬しているのではなく、遺品を埋葬して廟所としているのですね。

 

 

ここも参拝可能です。

 

 

 

 

 

 

斎藤利匡一族の墓石

 


崇福寺を開山した斎藤利匡(としただ)一族の墓。この宝篋印塔(ほうきょういんとう)は、文明〜永正年間に作られたものということが分かっています。

 

 

 

 

 

御朱印

 


外を一通り周ったら、次は本堂です。まず目に付いたのが御朱印。1つ300円で3種類あります。

 

 

御朱印帳に記帳してくれるタイプではなく、あらかじめ書いてあるものを張るタイプですね。

 

 

織田信長公菩提所というのが斬新です。

 

 

 

 

 

 

清洲城の鯱

 


本堂の奥にある清洲城の鯱瓦。

 

 

これは天守なのか櫓のものなのか分かりませんが、非常に貴重なものですね。

 

 

名古屋城の西北隅櫓が、かつて清洲城の天守を移築したものということで、清洲櫓という別名がありますが、これは最近の調査により、天守の移築ではなく天守の部材が使われているのだとか。

 

 

崇福寺にある清洲城の鯱瓦も、かつての清洲城を思い起させる逸品ですね。

 

 

 

 

 

 

岐阜城の血天井

 


個人的にはこれが一番の見どころだと思います。岐阜城の血天井です。

 

 

慶長五年(1600)の関ヶ原合戦の約1ヵ月前に、西軍に付いた岐阜城は、東軍の攻撃を受け落城しました。

 

 

城主の織田秀信(信長の孫)は、出家して高野山へ向かいましたが、38名の将兵は天守で討死しました。

 

 

その供養のために、将兵の血が付いた天守の床を崇福寺に移築し、現在に残っています。

 

 

血天井といえば、鳥居元忠の伏見城が有名ですが、岐阜城の血天井もあるんですね。

 

 

よく見ると籠手の鎖の跡などがクッキリ残っていて、壮絶といわんばかりです。

 

 

 

 

 

所要時間と私の感想

 

崇福寺の所要時間は約1時間ほどです。それだけあれば、ジックリと見て周ることができます。

 

 

私の崇福寺の感想ですが、このお寺は岐阜城とセットで巡るのがオススメだと思います。なぜかというと、岐阜城から歩いても30分くらいですし、車なら10分もかからないくらいの近さだからです。

 

 

また貴重な史跡を見る事ができますし、その中でも岐阜城の血天井は必見ですね。

 

 

御朱印も複数ありますので、戦国時代や城好きの方、また関ヶ原合戦が好きな方は関連史跡ということでチェックしておきましょう!

関連記事はこちら!

岐阜城の落城回数はなんと6回!なぜそんな落ちる?私が考える2つの理由
岐阜県岐阜市にある岐阜城は、歴史上分かるだけで6回落城しています。なぜそんなに落城したのか?この記事は実際に岐阜城に行ってみて、現地を訪ね歩き調べた、私の岐阜城落城の理由を感想と共にまとめたものです。
大垣城の石垣の化石はここにある!場所と種類を解説!
岐阜県大垣市の美濃大垣城の石垣には化石を見ることができます。今回はどこにどんな化石があるのか?大垣城内の石垣に残された化石を探してみた私のレビュー記事です。化石の場所と種類を解説しています。
九鬼嘉隆の首塚,胴塚そして寝屋子制度とは?!答志島体験レビュー
三重県の答志島の私の体験記です。答志島は九鬼嘉隆が最後を迎えた地で、首塚や胴塚が残ります。また嘉隆が家臣団の結束を図るために始めたという説がある寝屋子制度など、答志島に行ってみた体験の感想レビュー記事です。
最古の現存天守は犬山城?丸岡城?ここまで分かった天守の話
日本最古の現存天守は愛知県の尾張犬山城、もしくは福井県の越前丸岡城のどちらかといわれています。この記事では犬山城と丸岡城の研究結果を私の感想と共に書いています。
三重のオススメ城巡り!伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽のスタンプラリーと御朱印
三重県のオススメの城を巡るスタンプラリーがあります。それが伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽のスタンプラリー。私も参加してきた体験レビューと御朱印の場所と料金についても説明しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ