大垣城の石垣の化石はここにある!場所と種類を解説!

大垣城の石垣の化石はここにある!場所と種類を解説!

 

 

岐阜県大垣市の美濃大垣城の石垣には、化石を見ることができます。その種類はベレロフォン、フズリナ、サンゴ、シカマイア、ウミユリなど数種類。

 

 

なぜこんなに化石があるのかというと、簡単に言えば、石垣を調達した金生山(かなぶやま)という標高200mほどの山があるのですが、石灰岩に覆われており、その山に化石があるからです。

 

 

大垣城の石垣は江戸時代に整備されたのですが、当時は化石というものを認識していたのか分かりませんけどね。

 

 

 

 

 


ということで今回、大垣城の石垣の化石探しにチャレンジしてみました。

 

 

大きく分けて三カ所から化石を見つけることができたので、その時の様子をレビューしてみますね。

 

 

 

 

 

東門


まずは東門をくぐってすぐ左に曲がります。トイレの方向ですね。すると石垣の隅石部分にベレロフォンの化石を見ることができます。

 

 

 

 

 


これがベレロフォン。巻貝の一種です。

 

 

 

 

 

天守西側城壁


次は天守西側の石垣の隅に見ることができるウミユリの化石。ウミユリとは、ウニやヒトデと同じ棘皮動物(きょくひどうぶつ)です。

 

 

現在でも子孫と考えられる生き物が深海に存続しており、生きた化石ともいわれています。

 

 

 

 

 

西門


そして一番化石が固まっているのが西門です。西門で白い石を見つけたら、化石を含んでいる石灰岩の可能性が高いです。パット見ただけで、赤い矢印の部分が化石を含んだ石です。

 

 

 

 

 


特にサンゴの化石は非常に珍しいといわれています。でもかなり小さいので探すのに苦労しますけど。

 

 

 

 

 


西門付近は、門の外だけではなく、門をくぐった中にも化石を見ることができます。この2つの化石は別のものなのです。

 

 

 

 

 


これは単に白い筋が通っているだけの石に見えますが、実はシカマイアという二枚貝の化石。

 

 

複数のシカマイアを輪切りにしたものが含まれています。

 

 

 

 

 


これはベレロフォンの化石。ベレロフォンの化石は東門にもありましたが、西門のベレロフォンは少し形が違います。これは種類の違いでしょうか。

 

 

 

 

 


今回は大垣城内の三カ所から化石を見つけることに成功しました!

 

 

探せばもっとありそうなので、あなたも大垣城を訪れた際には、お城だけではなく化石探しにもチャレンジしてみてください。

関連記事はこちら!

岐阜城の落城回数はなんと6回!なぜそんな落ちる?私が考える2つの理由
岐阜県岐阜市にある岐阜城は、歴史上分かるだけで6回落城しています。なぜそんなに落城したのか?この記事は実際に岐阜城に行ってみて、現地を訪ね歩き調べた、私の岐阜城落城の理由を感想と共にまとめたものです。
九鬼嘉隆の首塚,胴塚そして寝屋子制度とは?!答志島体験レビュー
三重県の答志島の私の体験記です。答志島は九鬼嘉隆が最後を迎えた地で、首塚や胴塚が残ります。また嘉隆が家臣団の結束を図るために始めたという説がある寝屋子制度など、答志島に行ってみた体験の感想レビュー記事です。
柴田神社が建立された理由は北ノ庄城の柴田勝家の首なし武者行列だった
福井県福井市に残る柴田勝家の柴田神社が建立された理由は、柴田勝家の霊を慰めるためでした。この記事では地元に残る九十九橋付近に出た柴田勝家の武者行列の話と遭遇した時に助かる方法を書いています。
福井県越前北ノ庄城跡のアクセスと駐車場そして見どころポイントレビュー
柴田勝家と織田信長の妹であるお市の方ゆかりの福井県の越前北ノ庄城に行った時の体験レビューです。電車や車でのアクセス方法や駐車場情報、そしてかつての城内の見どころや柴田神社にまつわるエピソードを私の感想と共に書いています。
最古の現存天守は犬山城?丸岡城?ここまで分かった天守の話
日本最古の現存天守は愛知県の尾張犬山城、もしくは福井県の越前丸岡城のどちらかといわれています。この記事では犬山城と丸岡城の研究結果を私の感想と共に書いています。

ホーム RSS購読 サイトマップ