東海

東海記事一覧

岐阜城の落城回数はなんと6回!なぜそんな落ちる?私が考える2つの理由

織田信長や斎藤道三ゆかりの美濃岐阜城は、金華山(きんかざん)の山頂にあり、標高329mの山城です。現在はロープウェーで登りますが、戦国時代の登山道も残されています。岐阜城に行ったことがある人なら分かると思いますが、正直、『絶対に落城はしないだろ!!』と思うくらい険しい山なんですよね。でも、岐阜城は歴...

≫続きを読む

 

大垣城の石垣の化石はここにある!場所と種類を解説!

岐阜県大垣市の美濃大垣城の石垣には、化石を見ることができます。その種類はベレロフォン、フズリナ、サンゴ、シカマイア、ウミユリなど数種類。なぜこんなに化石があるのかというと、簡単に言えば、石垣を調達した金生山(かなぶやま)という標高200mほどの山があるのですが、石灰岩に覆われており、その山に化石があ...

≫続きを読む

 

九鬼嘉隆の首塚,胴塚そして寝屋子制度とは?!答志島体験レビュー

織田信長の家臣で織田水軍の将・九鬼嘉隆ゆかりの伊勢鳥羽城。本丸から答志島(とうしじま)が見えます。答志島は九鬼嘉隆が最期を迎えた地であり、嘉隆の首塚や胴塚をはじめ、戦国史跡が点在しています。また鳥羽城からのフェリー移動も比較的楽なので、私的には鳥羽城を答志島をセットにするのがオススメです。では実際、...

≫続きを読む

 

最古の現存天守は犬山城?丸岡城?ここまで分かった天守の話

日本には数多くの天守を持つ城がありますよね。でも一番古い天守、つまり最古の天守はどこなのか?あなたはご存知ですか?今日はそんな天守のオハナシです。現存天守は12城のみ多くの城は、明治初期に明治政府の命令で天守が取り壊されてしまいました。そして昭和に入ると観光目的などでかつての天守を復元、再建される様...

≫続きを読む

 

岐阜城の移築血天井がある信長の菩提寺岐阜市崇福寺のアクセスと観光ポイント

岐阜県岐阜市の崇福寺(そうふくじ)は織田信長の菩提寺で、岐阜城の血天井が移築してある臨済宗妙心寺派の寺院です。※崇福寺の読みは そうふくじ>>崇福寺の詳細 | ウィキペディア崇福寺は私も何度も行ったことがありますし、愛知ウオーキング城巡り倶楽部の見学会でも訪れた寺です。なぜかというと、岐阜城とセット...

≫続きを読む

 

三重のオススメ城巡り!伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽のスタンプラリーと御朱印

三重県の城巡りをする時、初心者でも安心して巡ることができる城をまとめたスタンプラリーがあります。それが伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽城郭巡りです。これは三重県内に残る名城ともいうべき城を巡ってスタンプを集め、確認印をもらい応募すると、抽選で三重県の特産品などが当たるウレシイ企画です。>>詳細はこちら |...

≫続きを読む

 

長島一向一揆の拠点となった伊勢長島城跡と移築門が残る蓮生寺

三重県桑名市長島町の伊勢長島城跡は、戦国時代に長島一向一揆で一揆方の拠点となった城跡です。寛元三年(1245)、藤原道家が築いた居館が長島城の始まりといわれ、戦国時代には伊藤重晴によって城として整備されます。元亀元年(1570)には近くにあった一向宗・願証寺の住職・証意によって伊藤氏一族が追放され、...

≫続きを読む

 

伊勢桑名城三之丸堀の石垣がハッキリ残る桑名市歴史を語る公園の感想

三重県桑名市片町の歴史を語る公園は、桑名城三之丸堀の石垣がよく残る公園です。桑名城跡として整備されている九華公園すぐ近くにあるので、桑名城跡とセットで訪れたい名所でもあります。アクセス歴史を語る公園への行き方ですが、まず駐車場がありません。でも桑名城跡の九華公園から徒歩5分くらいの場所にあるので、電...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ