静岡県

静岡県記事一覧

丸い縄張の円郭式の城って全国でここだけ!静岡県藤枝市の田中城跡

静岡県藤枝市の田中城跡は駿河の今川氏が築城した城で、後に武田氏、徳川氏の城となりました。また晩年の家康が鯛の天ぷらを食べて死亡したという話が残りますが、その天ぷらを食べたのが田中城だったという説があります。>>詳しい田中城の歴史 | ウィキペディア田中城は平城で、城跡は住宅地になっており家がたくさん...

≫続きを読む

 

三重堀や馬出しの遺構がよく分かる静岡県吉田町の小山城跡

静岡県榛原郡吉田町の小山城(こやまじょう)は、今川氏が築いたといわれる城です。※榛原の読みは はいばらその後徳川氏、武田氏の手に落ち、遠江と駿河の戦乱の中、要の城となります。また縄張りは山本勘助から築城術を学んだ馬場信房(美濃守)が担当したといいます。>>詳しい小山城の歴史 | ウィキペディア私がな...

≫続きを読む

 

日本初の本格木造天守として復元された掛川市の掛川城

静岡県掛川市にある掛川城は、今川氏の重臣・朝比奈氏により築かれた城で、後に山内一豊が入城し、江戸時代は東海道の要所となった城です。掛川城の詳しい歴史 | ウィキペディア掛川城はもともと現在の地にいきなり築かれたのではなく、現在の掛川城公園の東北約200mの場所にある、子角山(ねずみやま:現在の天王山...

≫続きを読む

 

武田と徳川の攻防戦の舞台!遠州二俣城と鳥羽山城

かつての遠江(遠州)である、静岡県浜松市二俣町にある二俣城跡と鳥羽山城跡は、元亀〜天正年間にかけて、甲斐の武田氏と徳川氏が攻防を繰り広げた城です。そして二俣城は、家康の嫡男・信康が最後を迎えた城でもあります。>>二俣城・鳥羽山城の詳しい歴史 | ウィキペディア遠州は戦国時代、今川、武田、徳川といった...

≫続きを読む

 

2つの大手!河原石の石垣!国指定史跡の静岡県掛川市横須賀城跡

静岡県 静岡県掛川市にある横須賀城は、高天神城を攻略するために徳川家康が大須賀康高に命じて築かせた城です。江戸時代は横須賀藩の藩庁として存続しました。横須賀城の詳しい歴史 | ウィキペディア私が横須賀城を知ったキッカケは、大須賀康高の事を調べていた時の事。彼が築城した城ということで調べていると、かなり個性的...

≫続きを読む

 

徳川家康の出世城!静岡県浜松市の浜松城観光の見どころまとめ

静岡県浜松市の浜松城は、徳川家康の遠江時代の拠点となった城です。もともとこの地にあった曳馬城(ひくまじょう)を改修・拡大して築かれたといわれる浜松城は、遠州における徳川家康の本拠地です。伝承では浜松は豊臣秀吉ともゆかりがあり、歴代の城主も多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから出世の城といわれてい...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ