ひこにゃんに年賀状を送ると返事が彦根城招待券!いつまで?宛先は?

ひこにゃんに年賀状を送ると返事が彦根城招待券!いつまで?宛先は?

 

 

彦根市の人気ゆるキャラ・ひこにゃんに年賀状を送ると返事が来るのですが、その返事が彦根城招待券なのです。

 

 

しかしこのひこにゃんの招待券、実際に送ってみてから気付いたポイントがあるので、あなたとシェアしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

宛先は

ひこにゃんへの年賀状の送り先は公式サイトによると以下の通りです。

〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町1番1号 彦根城
「ひこにゃん」宛

 

>>公式サイト

 

この時の注意点は、知人やお世話になっている方へ送る時と同じで、【様】にした方がよいですね。

 

 

 

 

 

いつまでに送るの?

基本、年賀状ですので大晦日までに送ると良いのですが、年が明けてからでも大丈夫みたいです。

 

 

 

 

 

返事はいつ来るの?

これは決まっていないです。

その理由は、毎年ひこにゃんへの年賀状は1万7千通近くになるそうで、それを全て目を通して返事が送られます。

 

 

そのために少し遅れることもあるのだとか。

 

 

ちなみに私の所には、1月17日に返事が届きました。

 

 

 

 

 

招待券で入れるのは天守だけ?

いいえ。玄宮園と博物館も入れます。


年賀状の返事が入館券みたいになっており、入館する際に入館済みのスタンプが押されます。

 

 

 

 

 

1枚で何人まで入場できるの?

大人2名までです。

 

 

 

 

 

期限はいつまで?

年賀状が届いた年内まで。

 

例えば2020年に年賀状の返事が届くと、その年の大晦日までです。

 

 

 

 

 

私の感想

 

私のひこにゃんからの招待券の感想ですが、これは嬉しいサプライズだと思いました。

 

 

なぜかというと、彦根城天守+玄宮園+博物館全てに入ると、大人1人で1,000円以上になるからです。それが無料って大きいですね。

 

 

また彦根城は定期的にイベントを行っていますし、桜の名所でもあるので、イベントや好きな季節を選んで行ってみるのも良いですね。

 

 

これでまた彦根城に行く理由ができました。有難う!ひこにゃん!

関連記事はこちら!

ひこにゃんは彦根城二代目城主・井伊直孝を助けた白猫がモデルだった!
彦根城を含む滋賀県彦根市のゆるキャラとして有名なひこにゃんは、彦根藩二代目の井伊直孝を助けた白猫がモデルでした。この記事ではひこにゃんの誕生エピソードを紹介しています。
大津城、佐和山城、小谷城、長浜城から移築!彦根城は寄せ集めの城だった!
滋賀県彦根市の彦根城は国宝天守を持つ城として有名ですが、大津城、佐和山城、小谷城、長浜城から移築された建造物があります。なぜ彦根城は移築建造物が多いのか?その理由と私の感想を書いた記事です。
安土城の石垣は穴太衆が積んだものではなかった!中井均氏の指摘とは?
織田信長の居城で知られる、近江安土城の石垣は、穴太衆が築いたものではないと、城郭研究者の中井均氏が指摘しています。そのポイントと理由、そして私の感想を書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ