ひこにゃんは彦根城二代目城主・井伊直孝を助けた白猫がモデルだった!

ひこにゃんは彦根城二代目城主・井伊直孝を助けた白猫がモデルだった!

 

彦根城といえば、初代藩主・井伊直政も有名ですが、現在ではひこにゃんを思い浮かべますよね。

 

 

ひこにゃんは、平成18年(2006)、国宝彦根城築城400年祭のイメージキャラクターとして誕生したゆるキャラの元祖ともいえるもので、井伊の赤備えと称された井伊家ゆかりの赤い兜をかぶっている、白い猫なのです。

 

 

ではなぜ白い猫なのか?

 

 

実はひこにゃんが猫という理由は、歴史のエピソードが関わっているからなのです。

 

 

 

 

 

ひこにゃんが白猫の理由

現在の東京都世田谷区に豪徳寺という寺があります。

 

 

かつて彦根藩二代目藩主・井伊直孝が、その豪徳寺の大木の下で雨宿りをしていた時の事。

 

 

大木の少し先で、白猫が直孝の方を見ながら手招きしていました。

 

 

雨の中、最初は珍しく見ていた直孝でしたが、あまりにも白猫が手招きするので、濡れるのを覚悟で白猫のほうに近づいていくと…

 

 

次の瞬間、直孝が雨宿りをしていた大木に雷が落ちたのです!

 

 

もし大木で雨宿りし続けていたら、雷に撃たれて絶命していたかもしれません。

 

 

そこを白猫の手招きによって助けられた直孝は、豪徳寺を井伊家の菩提寺としました。

 

 

ちなみにこれが招き猫の発祥とされ、ひこにゃんはこのエピソードがもとで誕生したキャラでなので、白い猫なのです。

 

 

豪徳寺の住所

東京都世田谷区豪徳寺2丁目24−7

 

 

>>豪徳寺の地図

 

 

また彦根城は明治時代に解体される危機に見舞われたことがあります。

 

 

その時、この白い猫の御利益かどうか分かりませんが、明治天皇が彦根を通りかかり、保存する様に命を下されたことによって、彦根城が現存天守として今日まで残っています。

 

 

ここでもまた命拾いしていますね。

 

 

ということで、ひこにゃんは単に可愛いというだけではなく、彦根藩主の命を助けた恩人(恩猫?)というエピソードが込められたキャラなのです。

関連記事はこちら!

ひこにゃんに年賀状を送ると返事が彦根城招待券!いつまで?宛先は?
彦根市のゆるキャラとして有名なひこにゃんに年賀状を送ると、返事として彦根城の招待券を頂けます。でもこの招待券は知っておきたいポイントがあえるのです。いつまで?宛先は?そんな素朴な疑問を私の体験と感想からQ&A形式で答えてみました。
大津城、佐和山城、小谷城、長浜城から移築!彦根城は寄せ集めの城だった!
滋賀県彦根市の彦根城は国宝天守を持つ城として有名ですが、大津城、佐和山城、小谷城、長浜城から移築された建造物があります。なぜ彦根城は移築建造物が多いのか?その理由と私の感想を書いた記事です。
安土城の石垣は穴太衆が積んだものではなかった!中井均氏の指摘とは?
織田信長の居城で知られる、近江安土城の石垣は、穴太衆が築いたものではないと、城郭研究者の中井均氏が指摘しています。そのポイントと理由、そして私の感想を書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ