真柄太刀で有名な真柄十郎左衛門直隆の墓が残る福井県越前興徳寺

真柄十郎左衛門直隆の墓が残る福井県越前興徳寺


福井県越前市宮谷町にある興徳寺は、戦国時代に朝倉義景軍として姉川合戦で活躍した真柄十郎左衛門の墓が残る菩提寺です。

 

 

■興徳寺の場所の住所■
福井県越前市宮谷町29-20

 

 

>>興徳寺の場所の地図

 

 

姉川合戦は、元亀元年(1570)に近江国(現在の滋賀県)で起こった合戦。織田・徳川連合軍と浅井・朝倉連合軍が戦いました。

 

 

真柄十郎左衛門直隆は、真柄太刀という大刀を振り回して奮戦し、織田・徳川連合軍を大いに苦しめたと伝わります。

 

 

合戦は織田・徳川連合軍が勝利し、直隆は討ち取られ、遺骸は故郷である現在の越前市宮谷町にある興徳寺に葬られました。

 

真柄十郎左衛門直隆については資料が少なく謎が多いです。

 

十郎左衛門直隆と弟・直澄がいたと伝わりますが、同一人物という説もあります。

 

 

 

 

 


真柄十郎左衛門直隆の墓。境内を通り墓地に向かうと、入り口付近にあります。

 

 

真柄十郎左衛門直隆は、信長が七尺(約210p)あった大男で、姉川合戦では五尺三寸(約175p)もの太刀・太郎太刀を振り回して戦ったといわれています。

 

 

また豪傑ということで、本多忠勝との一騎打ち伝説も残っているんです。

 

 

 

 

 


墓の前にある大きな下駄(げた)。十郎左衛門直隆の下駄をイメージしたものでしょうか。かなり大きいです。

 

 

 

 

 

所要時間と私の感想

 

興徳寺の所要時間ですが、基本的に墓の参拝だけなので、5〜10分もあれば十分でしょう。

 

 

私の感想ですが、今回、興徳寺は意図的に訪れた寺なので、かなり満足度は高いものでした。

 

 

その理由は、滋賀県の姉川古戦場にも行ったことがありますし、名古屋市の熱田神宮には真柄太刀(太郎太刀)も展示してあるので、いつかは菩提寺に参拝したいと思っていたからです。

 

 

またアクセスも北陸自動車道・武生(たけふ)ICから約10分くらいで行けるので、車で訪れる際んも便利な場所です。

 

 

福井県の城や戦国史跡とセットで訪れるのも良いですね。

 

 

 

 

 


また現地看板に真柄太刀(太郎太刀)は熱田神宮に奉納されているとありますが、熱田神宮の宝物館ロビーに展示されており、一般人でも拝観できるようになっています。

 

 

(※2019年5月現在)

 

 

名古屋市の熱田神宮を訪れた際には、この真柄太刀の大きさと迫力も忘れずにチェックしておきましょう。

 

 

>>真柄太刀の展示もある熱田神宮レビューはこちら

 

関連記事はこちら!

柴田神社が建立された理由は北ノ庄城の柴田勝家の首なし武者行列だった
福井県福井市に残る柴田勝家の柴田神社が建立された理由は、柴田勝家の霊を慰めるためでした。この記事では地元に残る九十九橋付近に出た柴田勝家の武者行列の話と遭遇した時に助かる方法を書いています。
福井県越前北ノ庄城跡のアクセスと駐車場そして見どころポイントレビュー
柴田勝家と織田信長の妹であるお市の方ゆかりの福井県の越前北ノ庄城に行った時の体験レビューです。電車や車でのアクセス方法や駐車場情報、そしてかつての城内の見どころや柴田神社にまつわるエピソードを私の感想と共に書いています。
織田神社ともいわれる織田氏発祥の地・福井県剣神社で参拝と御朱印
織田信長の織田氏一族の発祥といわれる、福井県の剣神社に行ってきた時の現地レビュー記事です。境内や資料館の様子はもちろん、御朱印や御朱印帳の値段、そして私の感想も書いています。

ホーム RSS購読 サイトマップ