北陸

北陸記事一覧

柴田神社が建立された理由は北ノ庄城の柴田勝家の首なし武者行列だった

かつて柴田勝家の居城だった北ノ庄城には、勝家の怪談話が残っています。旧暦4月24日。この日は柴田勝家が妻・お市の方と共に亡くなった日で、北ノ庄城が落城した日でもあります。江戸時代、すでに北ノ庄城は無く、跡地には福井城が築城されましたが、城下町は北ノ庄城時代とほぼ同じ場所にありました。しかし町民たちは...

≫続きを読む

 

福井県越前北ノ庄城跡のアクセスと駐車場そして見どころポイントレビュー

越前北ノ庄城は戦国時代、この地を治めていた柴田勝家の居城跡です。また北ノ庄城の跡地を整備拡張して福井城が築かれたので、北ノ庄城は福井城の前身の城ともいえますね。アクセスと駐車場まず北ノ庄城のアクセスですが、電車で訪れた場合、JR福井駅から徒歩だと10分ほどです。かつての北ノ庄城の中心地は、柴田勝家を...

≫続きを読む

 

織田神社ともいわれる織田氏発祥の地・福井県剣神社で参拝と御朱印

福井県丹生郡(にゅうぐん)越前町織田にある劔(つるぎ)神社は、戦国武将・織田信長の織田一族発祥の地といわれています神社です。そのために織田神社、織田明神(おたみょうじん)、ともいわれます。また劔神社が正式な漢字ですが、剣神社、剱神社とも書かれることがあります。ちなみに越前国二宮。私は現在、愛知県に住...

≫続きを読む

 

真柄太刀で有名な真柄十郎左衛門直隆の墓が残る福井県越前興徳寺

福井県越前市宮谷町にある興徳寺は、戦国時代に朝倉義景軍として姉川合戦で活躍した真柄十郎左衛門の墓が残る菩提寺です。■興徳寺の場所の住所■福井県越前市宮谷町29-20>>興徳寺の場所の地図姉川合戦は、元亀元年(1570)に近江国(現在の滋賀県)で起こった合戦。織田・徳川連合軍と浅井・朝倉連合軍が戦いま...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ