激安LCCってどうなの?国内線ジェットスターに乗ってみた感想レビュー

激安LCCってどうなの?国内線ジェットスターに乗ってみた感想レビュー

 

 

あなたはLCC(えるしーしー)という飛行機を知っていますか?LCCとは簡単にいうと、激安で乗れる飛行機の事です。

 

 

LCCとは、LowCostCarrier(ローコストキャリア)の略称で、運営を効率的にして、徹底的にコストを削減し低価格の運賃で飛行機を飛ばして運航サービスを提供する航空会社を指します。

 

 

例えばピーチ、ソラシドエア、スターフライヤー、ジェットスターなどの航空会社聞いたことがないですか?それです。

 

 

例えばインターネット広告で、東京(成田)から大阪¥3,690〜みたいなの見た事ないですか?それです。

 

 

でもあまり安いとちょっと敬遠しますよね〜以前の私がそうでした。

 

 

だって安いというのは、何か裏があるから安いワケで、それがどんな裏なのか非常に気になりますよね。例えばLCCは次の様な飛行機だと思っていました。

 

 

以前の私のLCCイメージ

  • 乗務員が全員外国人(アジア系)で日本語が通じない
  • 手続きがものすごく面倒
  • すきま風が入る
  • シートがボロイ
  • たまに墜落する
  • 騒音が大きい
  • 振動も大きい
  • たまにハイジャックされる
  • 海に着陸する
  • パイロットが寝てる

 

などw

 

 

まあ、これはあくまで私の中のイメージでしたが、では実際に乗ってみたらどうなるか?という思いが出てきたんですね。

 

 

たぶん墜落は無いと思うし(←w)、散々な目に遭ってもブログネタにできるな〜と思い、今回実際に乗ってきました!

 

 

今回は名古屋から九州の城へ旅行に行ってきます!

 

 

 

 

 

 

簡単すぎたLCCの乗り方


愛知県名古屋市の近く、常滑市の中部国際空港セントレアにもLCCがありました。国内線はジェットスターです。

 

 

名鉄に乗れば金山駅、神宮前駅から中部国際空港駅に行くことができます。

 

 

まずはパソコン、スマホでインターネット経由でジェットスターにアクセスして、日にちと時間を決めます。すると6ケタの暗証番号がメールで届くので、それをメモして空港に行きます。

 

 

 

 

 


中部国際空港セントレアのジェットスター手続き場。

 

 

 

 

 


中に進むとコンビニの機械みたいなものがあります。

 

 

 

 

 


これにメールで届いた6ケタの暗証番号を入力します。すると…

 

 

 

 

 


機械の口から搭乗券が出てくるので、日にちと時間と搭乗口を確認して、時間になったら乗り場へ行きます。

 

 

え?たったこれだけ?

 

 

乗り場に行く前に荷物と身体の保安検査を受ける必要がありますが、係員の指示に従えば数分で終わります。

 

 

簡単すぎて正直、拍子抜け…

 

 

 

 

 


そして時刻になると座席に向かいます。手荷物は7キロまでで客席の上に収納できるようになっています。

 

 

 

 

 


これが客席。2人掛けと3人掛け、そして追加料金でプレミアムシートもあります。シートも硬すぎず柔らかすぎず、ちょうど良いくらいです。

 

 

 

 

 


さらに畿内にはトイレや幼児のオムツ替えシートも完備してあります。離陸と着陸時はシートベルト着用のために籍を離れることができずにトイレも利用できませんが、そのほかの時は自由に利用できるんです。

 

 

 

 

 


今、どの辺だろうか…

 

 

九州へ向かっているので近畿?それとも中国?広島県や山口県あたりだろうか…なんてことを景色見ながら考えてます。

 

 

 

 

 


そうこうしているうちに福岡空港に到着です!

 

 

 

 

 

 

私のLCC感想

今回実際に中部国際空港の国内線LCCのジェットスターに乗った感想です。

 

 

正直、JALやANAとあまり変わらなかったというのが私の感想ですね。

 

 

乗務員も日本人できたし、すきま風も入ってこなかったし、ちゃんと無事に福岡空港まで到着しました。まあ、細かな事を言えばJALやANAに比べると機内のドリンクサービスが無かったくらいですかねw

 

 

その他は非常に満足いくフライトでした。

 

 

ところで実際にジェットスターに乗ってみて、その値段の安さのカラクリが分かったのであなたとシェアしたいと思います。

 

 

まず広告に載っている安い価格は最低価格みたいなもので、これにいろんな有料オプションを付けていくことにになります。

 

 

例えば席を選ぶオプションなら窓際の席を選べますし、足を延ばしたければ+α料金で豪華なシートの席に変更みたいな形で、追加、追加で料金はかさんでいくんですね。

 

 

ただこれは好みの追加料金ですし、国内フライト、例えば名古屋〜九州なら2時間もかからないので、多少窮屈な席でも満足できます。また夜のフライトなら外の景色あまり関係なしですから、最低料金でも十分にフライトを楽しめると思います。

 

 

機内食も必要ないでしょ?空港に着いてからご当地グルメを楽しめば良いのですから。

 

 

 

 

 

 

激安チケットをゲットする方法

普段からジェットスターは激安なのに、それをさらに安く乗る方法があります。それはジェットスターのセール期間を狙うこと。

 

 

具体的にはどうすれば激安のセールを知ることができるのかという方法ですが、これはジェットスターの公式サイトをこまめにチェックしておくということです。

 

 

ネット広告にたまに出ますが、広告に出た時は希望の日時の便がすでに売り切れていたりするので、自分からジェットスターの公式サイトをチェックするのがよいです。

 

 

あと激安のセールは平日が安く土日祝日が高い傾向にあります。

 

 

でも逆に平日に休みを取ることができる人は積極的にジェットスターみたいなLCCを城巡りに活用してみるのも良いですね。

 

 

実際に私の知人でLCCを使って日本100名城を全て行った人もいますし、JALやANAと使い分けるのも有効です。

 

 

あなたの城巡りに是非、活用してみてください。

 

 

あと中部国際空港セントレアではジェットスターだけですが、他の空港では別のLCCが就航しているので、行きもしくは帰りだけもでLCCを活用してみるのも良いですね。

 

 

そして私が何度か利用したのがスカイ・シーという格安航空券モール

 

 

日時、時間、出発地、到着地を入力するだけでLCCやJAL、ANAのセール航空券をすぐにチェックしてくれます。

 

 

使いやすいサイトで私もよく活用しているのでこれもチェックしてみてください。

 

 

>>スカイ・シーで激安の航空券をチェックしてみる!

関連記事はこちら!

城巡りに役立つの?日本城郭検定とは
日本100名城を認定している日本城郭協会は城の検定試験を行っています。それが日本城郭検定です。この記事では日本城郭検定とはどんな試験かということや実際に検定試験を受けた時のレビュー、そして私の感想でを書いてみました。

ホーム RSS購読 サイトマップ